積雪荷重


d0115262_12001685.jpg
色々なところで雪の準備がすすんでますねー。


設計するときに建物の重さを考えて設計します。
雪に関しては地域ごとに垂直積雪量というのが定められていて
「このくらい雪降る想定で設計してね!」ってのが決まっています。
新潟県の五泉市、旧村松町はなんと1.7m!
(昭和10年以降の旧村松町の最深観測値は2.07mだそうです。見たこと無い!)

だけど、「雪下ろしちゃんとするって約束するなら1mって事にして設計していいよ!」
って緩和規定があったりするんです。

1m以上の雪を下ろして置くスペースってけっこうな広さですよね。
それに近年高齢者が雪下ろし中に転落って事故も多いし。
業者さんに頼むにしても、そんだけ雪降ったら忙しくてなかなか来てくれないですよね。

お父さんが下ろすにしろ、そんだけ雪降ったら会社の雪かきとかもあって忙しそうだし。
冬だから風邪ひいてるかもだし、おなか痛くて外に出られないかもだし。。。
なかなか「雪下ろしします!」って約束守るは大変ですよね。

低減する前の状況判断が大切ですね。




mail →info@tsukano-co.com

[PR]
トラックバックURL : http://ojisamen.exblog.jp/tb/23732366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Uncle_of_curry | 2016-12-21 13:26 | Trackback | Comments(0)

新潟の設計事務所の仕事&日常2013.10.10~ 


by tsukano-co